国際金融 目次



第1回
1.最適通貨圏の理論
  1−1.最適通貨圏の理論
  1−2.固定相場制の選択
  1−3.なぜ通貨圏が複数存在しているのか
      1−3−1.生産要素の可動性(例.二国間で産業が違う場合)
      1−3−2.実体経済の統合度(例.二国間の産業面の違いが無い場合)
      1−3−3.経済の開放度(例.小国の場合)

第2回
2.為替制度選択・制度的側面
  2−1.金融政策の独立性
  2−2.国際収支調整力*価格弾力性について
  2−3.制度の整備

第3回
3.為替レートの決定要因
  3−1.一物一価の法則
  3−2.購買力平価(PPP)
  3−3.実質為替レート
      3−3−1.バラサ=サムエルソン効果

第4回
4.短期的均衡>
  4−1.カバー付き金利裁定
     4−1−1.V(1+i) = V/St×(1+i*)tFt+1が成立しなければならない理由
  4−2.カバーなし金利裁定

第5回
  4−1.カバーなし金利裁定
5.為替のファンダメンタルズ解
  5−1.MMFとは
  5−2.自然対数のルール

第6回
  5−3.ファンダメンタルズ解
  5−4.為替レートのオーバーシューティング

第7回
  5−5.為替レートのバブル解
6.為替市場介入
  6−1.為替市場介入について
  6−2.為替市場介入の仕組み
  6−3.介入の不胎化
  6−4.介入がどのように為替レートを変動させるか

第8回
  6−5.ポートフォリオバランスアプローチ

第9回
  6−5.ポートフォリオバランスアプローチ
    6−5−1.不胎化されない円買い介入
    6−5−2.不胎化された円買い介入
7.為替レートとマクロ経済学

第10回
7.為替レートとマクロ経済学
  7−1.IS-LMモデルの復習
  7−2.為替レートの変動が貿易収支(NX)に与える影響
  7−3.マンデルフレミングモデル
  7−4.政策の効果と為替制度の関係

第11回
  7−4.政策の効果と為替制度の関係
8.国際通貨システム